こんなものにも入ってる

ミドリムシは、実はヨーグルトにも入っています。ミドリムシとヨーグルトという、本当に合うのか疑問に思う組み合わせですが、意外と美味しいので驚きます。このミドリムシのヨーグルト製品ですが、このミドリムシとヨーグルトを組み合わせたのには訳があります。なんと、ミドリムシには、乳酸菌の活動を活性化させるという、ありがたい効能があったのです。ヨーグルトに混ぜて、一緒に食べることで、便通の改善や整腸作用に高い効果が見込めます。さらに、ミドリムシには、他の栄養もしっかりと入っているので、腸の隅々に広く栄養を届けます。

整腸作用が素晴らしいのも納得です。最近の研究結果でも、ミドリムシとヨーグルトをセットにして摂取することで、乳酸菌の活性化に高い効果が出ていることが分かっています。ミドリムシを入れた牛乳と、ミドリムシを入れなかった牛乳を比較したところ、圧倒的にミドリムシを入れた牛乳の方が発酵が早かったのです。全国でも、このミドリムシのヨーグルト製品を扱っているお店がチラホラとありますが、探すのが面倒なら、自宅で簡単に作ることができます。ミドリムシが粉末になった商品が通販でも多数あるので、それに市販のヨーグルトを混ぜれば良いだけです。一度、お試しになって下さい。

飲み物やお菓子

ミドリムシの食品加工として、代表的な物が飲み物とお菓子です。様々な企業に注目を浴びて、いろんな種類の飲み物やお菓子が出てきています。コンビニエンスストアや通販サイトでミドリムシのお菓子を扱っているので、気軽に購入できます。ミドリムシを使った商品は実に様々です。クッキーを始め、ジュース、のど飴、プリン、スナック菓子など、いろんな食品から摂取できるのが嬉しいです。

これなら、野菜嫌いな子供でも、自ら好んで食べてくれるので、食物繊維の不足が解消できるはずです。また、ミドリムシは、野菜に比べ、身体への吸収率が抜群に良いので、効能が期待できます。ミドリムシの性質は、植物であるにも関わらず、その細胞の構造上、動物の細胞を持つ不思議な海藻です。植物の栄養は、動物の栄養に比べ、人間の体に吸収しにくい性質があります。

しかし、ミドリムシの場合は、構造上、動物なので、吸収率が高いのです。つまり、野菜を摂取するよりも、ミドリムシを摂取した方が栄養の吸収率が高く、効果が見込めるのです。これを食品加工で手軽に摂れるのなら、試してみる価値があります。様々なミドリムシの食品加工が出ているので、飽きることなく、継続して摂取できるのが嬉しいです。

ミドリムシは食品加工でも栄養豊富

ミドリムシが注目をあびるようになって、一度は、身体に良いと聞いたことがあるのではないでしょうか。その栄養の素晴らしい効能から、瞬く間にミドリムシに関する商品が広まっていきました。このミドリムシの人を魅了する効能とは、どんなものなのか見ていきましょう。ミドリムシとは、別名「ユーグレナ」と言う海藻の一種です。ムシと勘違いをされる方がいますが、それは違います。人間に大切なビタミンやミネラル、アミノ酸などを始めとする栄養素が59種類も入っています。

59種類もの豊富な栄養素を持っているので、人間が必要なほとんどの栄養素を持っているわけです。中でも、栄養素で注目されているのが、パラミロンという食物繊維です。この食物繊維は、ミドリムシにしか存在しない食物繊維で、効能として、便通の改善、デトックス効果、コレステロールの調整、腸の免疫機能の強化などが挙げられます。便通に効いて、さらにデトックス効果が高いことから、ダイエットをする際に摂取すれば、ダイエット効果をさらに高めることができます。また、ダイエット時に不足しがちな栄養素が摂れるので、筋肉量が減らず、リバウンドしにくいというメリットがあります。このスーパーフードとも言うべき、ミドリムシですが、食品加工でお手軽に摂取することができます。

食品加工でも、しっかり栄養が摂れるの?と疑問に思うかもしれませんが、食品加工は、最も手軽に効率よく栄養が摂れるのでおすすめです。ミドリムシの栄養を、いかに体に効率よく取り込むことができるのか、ミドリムシの加工食品を製造している企業の努力により、様々な研究がなされて商品化されているので、しっかりと栄養が摂れるようにできています。それでは、食品加工されたミドリムシの商品とは、一体、どんなものなのでしょう。